展示場・モデルハウス案内

無添加住宅の商品について

体に悪いものは使わない。そんな当たり前のことに目をつぶり、コスト優先で、化学建材を多用した工業化住宅をつくり続けてきた日本の住宅産業。その結果シックハウスは起きてしまったのではないでしょうか。 しかも日本の住宅の平均寿命はわずか26年。化学合成接着剤が20年から30年で劣化して、結果的に接着剤の寿命が住宅そのものの寿命につながっているのです。30年近くもローンを払い続けて手に入れた家が、やっと払い終える頃になって立て直さなければならないなんて、おかしい。

私たちは、合成接着剤や化学建材などの体に悪い化学物質を使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究してきました。建材に使う天然素材は吟味に吟味を重ね、化学物質をできるだけ使わずに究極の無添加を実現し、「無添加住宅」が誕生したのです。 私たちは、家も自然と共存して生きていける場であることを基本に、「誰もが」「普通に」「安心して」100年は住める家を建てたいと考えています。

「無添加住宅」の基準・タイプ

化学物質を使い始める以前、日本の家は面積の広い壁には土、柱はヒノキ、梁はマツ、床は畳、間仕切りには障子やふすまといったもので建てられていました。 日本人が健康に暮らしてきた「むかしの家」の、たくさんの土と少しの木、そして草や紙、というバランスには大きな意味があるのです。

構造/木造軸組工法、RC造、鉄骨造(ツーXフォー等は不可)

構造柱・土台/杉or檜(シロアリ対策のため)

その他構造材/伐採後防腐処理をしていない木

構造材の集成材使用不可(接着剤の劣化が懸念されるため)

内壁・外壁・天井仕上げ/無添加住宅オリジナルしっくい

床仕上げ/無添加住宅製無垢フローリング、石、タイル

接着剤/米のり・にかわ

断熱材/炭化コルク
しっくいの壁、ムクのフローリング、天然石の屋根、そしてムクの家具によるしつらえ。
 
目に見える 所のほとんどを「無添加住宅」が考える理想の仕上材で施工し、目に見えない部分や、施工中には多少化学物質が発生するものの、ご入居時にはまったく問題の ない素材の使用を認め、防火地域や都心での建築にも、対応できるようにしたタイプです。
ビニールクロス貼りの新築の家から、このNタイプの新築の家に入ら れた時の空気感の違いを、感じていただけるのはSタイプと同じです。

「無添加住宅認定制度」について

第三者検査機関の検査を行ない無添加住宅を認定する制度です。合格した建物には、お客様の希望により、(株)無添加住宅より認定書を発行させていただきます。

「無添加住宅出荷商品証明書」について

「無添加住宅出荷商品証明書」とは無添加住宅建築に当って用いられた資材が、間違いなく(株)無添加住宅
から出荷されたことを証明する文書です。お客様より施工代理店へ出荷商品証明書発行を依頼してください。
(株)無添加住宅より無添加住宅出荷商品証明書を発行させていただきます。