鳴滝 新築工事

キッチンタイルと階段手すり!

11938
キッチンの前壁にタイルを貼りました
お施主様お気に入りのタイルですが、目地が細かいのでお掃除が決して楽ではない・・・
と、最後まで悩まれ・・・
でもこの風合いはやはりタイルでないと出ません
天井の木板貼りも相まって、とっても素敵なキッチン空間になりそうです
11936
11937
そして、階段と吹き抜けに手すりが付きました
シンプルなアイアンのバーに、木の笠木を付けて、手触りよく仕上げています
小さなお子様がいらっしゃるので、落下防止ネットを設置する予定です

キッチン設置とようやく外壁しっくい着手!

こだわりの造作キッチン本体部分が設置されました!
造作なので、レンジフードや水栓金具などの機器類はもう少し後に設置します
S__998604861
金額的には「お値打ち」とは言えませんが、無垢の木の面材の美しさは
やはり現物を見ると印刷のものとは違います!!
手触りも・・・気持ちいい
S__99860489
そして、ずっと雨が(豪雨・・・も)続いていてなかなか進められなかった
外壁のしっくい塗りも、ようやくスタート!
左官屋さんが暑い中、下塗りを進めてくださっています

写真は中庭の部分。
室内も大部分がしっくいの予定!
手間も時間もかかりますが、その分、大切にしたいという気持ちが込み上げます・・・
S__99860497

階段ができました。

11139

ついに階段ができました!

今回はスケルトン階段。
小さいなお子様がおられますが、
抜け感を優先。

もちろんこれから手すりも
付きます(*'▽')

窓のすぐ横に階段という
珍しいプランです(^^♪

床も無垢のクルミ材が貼られている
のですが、傷がついたらいけないので
養生してあって今は見えません!

見学会をお楽しみに・・・


軒天井が張れました(^^)

S__99508385
軒天井が張れました。
無垢材です。

外壁から90センチほど
軒が出ているので、
見た目も格好良く、
適度に日差しを遮ってくれます。
S__99508383
中庭の壁下地です。
仕上げにしっくいを塗るので、
ラス地というアミアミの
下地を貼っています。

もちろん、炭化コルクを貼ることも
あります。
そのあたりはお施主様とよくよく
お話をしながら決めていきます。

様々な理由でこの下地を選択されています。

外壁も徐々に・・・

外壁が大工さんによって仕上げ施工されてきました♪

SSD球磨杉サーモサイディングという無垢材を使用!
薬剤処理をしておらず、ゆがみや反りが出にくくシロアリ被害も出にくい処理がなされています

そしてなんといっても色が美しい・・・

無垢材なので経年で退色はしますが、まずは出来立てのこのカラーは楽しい要素です
10372
10391

木工事中です(^^♪

S__99237910
大工さんによる木工事中の鳴滝です。

下屋の垂木が整然と並んで美しい・・・


鳴滝の現場では制振装置を採用しました。

最近はいろいろな商品が出ていますが、

こちらは半間の壁面2方向にそれぞれ一台ずつ

組み込めば良いタイプです。

もちろん間取りからどの位置に入れるのが

最適かを計算した上で配置されています。
S__99237913
S__99237914

「く」の字に見えるシルバー色の金物が制振装置です

2ヶ所に入っています

絶賛作業中でしたが、整頓された現場です






上棟

IMG_4070
雨が降りそうでしたが、ぎりぎりで持ちこたえ、無事に上棟しました!

立派な木造二階建てです!
こちらの現場では上棟式は行っておりませんが、安全第一で現場の方、進めていきたいと思います(^^)

この後は周囲にシートを張って壁や内部を仕上げてい行きます。

まもなく見学会のお知らせもさせていただきますので、H.P.やFacebookをチェックしてください☆
IMG_40731

土台

IMG_40431
土台が敷けました!土台とは基礎のコンクリートの上に乗っている木材のことです(*'▽')
大工さんがとてもきれいに現場を保ってくれています♪

土台が敷けたら、いよいよ上棟です・・・!!

基礎

型枠が外れ、基礎が出てきました!
基礎を見ていると、部屋が狭く感じる!という方が多いですが、大丈夫です(^^♪
この基礎の上に土台が乗って、柱が立ち上がっていきます・・・!!
2b6092aec104b418466d5fd0b1856ff5

地盤改良

地盤改良をしていただきました。
地盤が軟弱な場合は、揺れたり歪んだりしても家が倒れないように強くしなければいけません。
鳴滝の土地では強い地盤まで鋼の杭を打ち込む「鋼管杭工法」で地盤強固なものにします。
342d9740d6e533cf7d4b28ee8f87ad10
↑↑ このくるくるした部分を地面に差し込んで穴をあけたあと・・・
8e73229a741eb02775c22a2603233fe6
↑↑ この杭を地面に打ち込んでいきます!見るからに頑丈になりそうですね!
この改良工事が必要かどうかは、地盤調査をしてみないと分からない為、調査をしてやっと金額が分かる、というとても曖昧なものになります。
そこで棲み家では、「調査をしないと金額が分からないので」と言ってそのままにせず、概算お見積りで地盤改良の費用をある程度見込んで提出させていただいています。
これで改良工事が必要でも安心です☆彡

改良の必要がなければ、お家の他の部分にその予算を回していただくことも出来ます(^O^)


地鎮祭

鳴滝にて地鎮祭を行いました。晴天・小春日和のとても良い日です(^_^)
294b6fa262d488cf3b13b1f6e7d2a026
きっちりとテントも立ててもらいます。
735671a83cbf6f0dcb0c524faba72b49

d5614ccdfe3784f507c729ab5910a324
神主さんに現場をお祓いしていただきます。
cb9758be6be66e43237594d96d3922fe
紙ふぶきをパラパラ・・・
57282c206c5138d50c0e1037aa029289
地鎮の儀が始まります。
3e9b021eb1b523bff47ac3dcc881af48
神様にご挨拶です。
201e55427427794d6402baf7d18c9028
お姉ちゃんも上手にペコリ
5daea5faf0a096ce9a3731b5567321e0
ボクもペコリ
b31471c6f63d3a52b8bc736b19ef4f8e
社長です。
580649cb04fe5e4f36f5aa7eafb7ef5d
現場監督・大工さんにもご挨拶していただきました。
2f61b77b298ff498771049f2caeab371
設計士が鎌入れした後、お施主様による鍬(くわ)入れ。「えい!えい!えい!」とご家族で。
98fb870d8be5cfdbeacfa0edb438eab8
現場監督は沈め物を鋤(すき)で埋める動作をします。
4c278cd2b7653de623bf945e8a8bb34b
儀式が終わったらお下がりのお酒・お塩・お米を撒きます。
e08dd3b76d14a639d22fa9dd1147a272
パラパラ・・・
22beb58fde4982efddea514b8996e93d
家が建つ予定の四隅と中心に。
15a0e79422da349d63d046f5432cb7f8

32efd3f571e58194c480ad8057633d50
無事に土地の神様にご挨拶できました!!