ブログ 漆喰の持つ抗ウィルス性について改めて調べてみました。1.抗ウィルス性ってなに?

1.抗ウィルス性ってなに?


抗ウィルス性と簡単に書きましたが、実際抗ウィルス性とは何のことでしょうか。

通常細菌などによる病気として発生する症状は、細胞が体内に入った異物に対して攻撃を行うために発熱などの形で出てきます。

しかしウィルスによる病気は(多数あるので例外はあるかも知れません)少し違う部分があります。

 

 

 

 ウィルスが体に対して悪さをする(異物RNAを生成する)のは細胞の中に潜り込んでからなのです。

 

 細胞からすると、見るからに怪しい何か(細菌)ではなく、

気付いた頃には自分が侵されているような状態なのですね。イメージですが。

 

 抗ウィルス効果というのは、ウィルスが細胞内に潜り込むこの瞬間に、

何らかしらの方法で細胞にとりつくのを防ぐ効果のことを言います。

 

 ウィルスは細胞にとりつく際に突起を伸ばしそこから細胞内に進入しますが、壁を突き破るような暴力的な方法ではなく、偽のIDカードを使って進入するような方法をとります。

 

 なので、ウィルスといえどどの細胞に対してもとりつくことが出来ると言うわけではないのです。

 

 

抗ウィルス効果①

ワクチンなどの抗ウィルス剤は、この偽のIDカードを感知し撃退します。

余談ではありますがインフルエンザウィルスに対してワクチンが万全でないのは、インフルエンザウイルスが多種にわたるの偽のIDカードを生成するため、感知できるものと違う偽IDを持つウィルスは撃退が出来ないからです。

 インフルエンザウィルスは増殖スピードが速く、その際にかなり不安定なコピーを生成してしまうことがあります。

これを変異と呼ぶのですが、この不安定なはずのコピーが環境に適合してそのまま今までと違う形をコピーして増殖した時、「新型」と言われるIDカードが産まれるのです。

 

抗ウィルス効果②

 カテキンなどの成分に代表される抗ウィルス効果のメカニズムとしては、先ほどお話し差し上げた突起の部分を丸ごとカテキンの成分で覆ってしまうものです。

 IDカードではたとえづらくなりますが、無理矢理申し上げるなら特定の、ではなく全てのIDカードが物理的に機械に通らないようにすると言うことです。

 通常の酸素などは、この状態でも細胞まで届きますのでご安心ください。
unnamed
抗ウィルス効果③

さて、前述した二つの抗ウィルス効果と今回主題にさせて頂いた漆喰の持つ抗ウィルス効果はかなり違う点があります。

 

 この違いにより、体内にウィルスが入る前にやっつける事が出来ます。

 

 上述二つの抗ウィルス効果は、どちらも体内に侵入した後の話です。

城壁前の戦いな訳ですね。

 

 ではしっくいはどうやってウィルスに対抗するのか。

一番単純で乱暴な方法ですが、ウィルスを殺す、活動停止させる事によって抗ウィルス効果の名を冠しています。

 

漆喰の成分(PH値)はかなり強力な値を示しますので、生物にとって毒になる可能性があります。

 

 ですので、しっくいは城壁前の戦いには参加出来ません。ゴジラみたいに城壁ごと壊してしまう可能性があるからですね。

 なので国境の外で敵戦力の撃滅に励んでもらうのが漆喰の役割になります。

gojira

室内などに付着、残留したウィルスを触れている箇所に関して死滅させてくれるので、

ウィルス感染へのリスクをかなり下げてくれるわけですね。

 

 ワクチンなどと違い、新種であるかどうかや、ウィルスの持つ弱点や対抗に関係せず作用してくれるのが優秀な点です。

 

 「消毒」と現されることもあるくらい、まさしく強行手段となりますが、

性質上、どうしても「予防策」としか成り得ず、体内に侵入した後は前述二つの方法によって対抗するしかありません。