和風を携えた、モダンハウス しっくいの家 京都市下京区



01
 お話を頂いた時にはもうお土地を新規で購入済みでおられて、今回はそのお土地に相応しい建築物を、というところからのスタートでした。

場所にして、古くからの町家が立ち並ぶ地域で、地域の景観を無視して建てることは非常にもったいない地域でした。

 

IMG_4198-e1619060224209

 第一段階の構想は町家、通り土間、また「らしくも」間口の小さな形状の敷地であったため、坪庭を計画の初めの構想としていました。


  今までに済んでおられたおうち自体も非常に広々としていて、「敷地のせいで狭くなった」と、思って頂かないように視線の動きや光の操作で、実際の平米数を超える空間の演出にお施主様共々取り組みをさせて頂きました。

 

 内装は床にメープル材を中心に、壁は無着色の漆喰で明るく表現しています。


IMG_3520

IMG_3523

外観についてはなるべく重厚感を持たせて立派な佇まいを目指しました。

結果、前面道路からは三階建てに見えない外観に辿り着きました。


主な仕上げ材として漆喰をお選び頂き、他にはない白さの中に木色がきれいに映えています。

02
まっすぐを意識して
奥行きの長さを演出。

66f61703fa9adfb806f0deb57f842d111
 打合せ時のラフ画
漆喰のテクスチャーも手すり下に仕込んだ間接照明のおかげで存在感を増しました。


03

あえてスケルトンに設定した階段の奥には縦長の窓を設け、その向こうには緑が見える計画としました。



 


05

バルコニーの手すりに

間接照明を。

04
照明があるので夜も
窓外に奥行きが出ます。
外の空間を頭で意識することにより、空間の拡大を狙ったライティング計画。
06
階段は壁ではなく格子による落下防止策を。

視線の抜けも拾えて、且つ、実際に少し広くなります。

でも、全力でもたれたらダメですよ。

07
客室兼和室。
押入もフラッシュ
戸にしてスマート
な線を強調。



09
坪庭と視線を
つなぐべく、
室内にも砂利
敷きました。

坪庭は今後の

楽しみに、

すこしずつ

作ります。

 



08
にじり口も
ついてます。
階段下へ)
105

洗面はゼロからデザインや寸法を打ち合わせして造作しています。

壁から少し離れていて足元も浮いているかのような仕上がりにして少しでも圧迫感を減らします。

テーマは「浮遊感」です。

1117

1210
トイレです。
和紙の向こうに間接照明をあしらって
少し幻想的な照明を造作。

1310

1410

リビングの天井にはヘム材を張り、全体と空間を違えています。

同じ位置で床を落とすことによりLDKを二つの連続する空間として構成しました。

 


また奥に長い計画となりましたが、漆喰の光を乱反射させる性質より廊下部分も明るくなりました。


1510
1610
184
キッチンとパントリーです。

キッチンはパナソニックのL-class、三連コンロを。
パントリーの造作に既製品は使わず、全て打合せの上で出来上がっております。

シナの造作扉で、使用しないときはすっきり隠せます。


「動かないオーダー家具」です。


1710

253
2210
204
2112
193
2310
249
263
二階にあるセカンドラバトリー
271

283

開きます。電動歯ブラシなどの充電の際に線が見えないように。

鏡が窓と位置を取り合いになったので壁面収納の扉を開くと鏡が出てくる仕掛けです。





301

3階のスタディールーム。

兄弟みんなとご主人様がこの部屋で勉強とお仕事をされる計画です。

292

大容量の本棚には実用書から絵本まで、何でも入ります。

上階にはロフトも設置いたしました。

左壁面に見える木枠にはお手持ちのホワイトボードが収まります。

3110

323

332

主寝室です。

天井を低めに、

窓位置を高めに。

343

夜は小上がりの

段下が光ります。

352

フローリング下にコンセントを設定し、フタを造作することにより充電器などもすっきり隠せます。

 

362

371

建具はフラッシュ戸で、レールもなし。浮いているような感覚で。






IMG_3498
fin..

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e2

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e2

IMG_2111
↑京風間口の施工例はこちら
IMG_3311
↑この物件の現場ブログはこちら