視線の抜けを利用して明るく広々した暮らし 京都市山科区

0S3A2629
お土地探しの段階から日当たりを気にされており、なるべく広くしたいとのご要望もありました。

リビングに大きな吹き抜けをとり、明るさを確保しました。
また、吹き抜けと極端に低い垂れ壁など天井高にリズムをもたせ、視線が伸び縮みすることで「抜け」をより感じさせるようなご提案をさせていただきました。
 外部からは吹き抜けを覗き込んでも壁しか見えないように設計しています。


0S3A26092

0S3A26191

794A1346
玄関からリビングに繋がる廊下にアールをとった垂れ壁。
794A13482
奥様がこだわられたダイニングの照明。
0S3A26411
大きな吹き抜けから光が燦々と降り注ぎます。日中は電気を消していても明るいお部屋に。
794A1352
2階から階下へ「お~~~~い!!」


0S3A26521
リビングから玄関ドアへ。