「平成の京町家」 3階建て  京都市中京区

yk-10

大きいですが、非常に長細い京都ならではの
敷地であったため、 彩光や風通し、
空間の使い方など、無駄のないプランニング力
を必要としました。

 お施主様からも細部までご要望を頂戴し、
とても密度の濃い お打合せをさせていただいた
ことが印象的です。








yk-9
玄関横には大きな鏡を。お出かけの際のコーディネートチェックと、空間が少しでも広く感じるように。


0T6A28591
1階の土間を裏庭までつなぐことで、視覚的な狭さを緩和し、 採風もとれるようにしました。


自然素材を使用した注文住宅
隣家両側には窓は取りたくない、とのご要望から、正面と裏面に出来るだけ風の抜けやすい仕掛けをつくるため、
リビングドアはハイドアに。一面透明ガラスを採用されているので、圧迫感がありません。



yk-5

3階の階段位置をずらすことにより、
中庭のような空間をつくり、
そこから二階の暗くなりがちな部分に
光が落ちるよう計画しました。





yk
和室の押し入れ引手に一工夫を。
yk-131
「春夏秋冬」ひとつひとつ柄を変えて。
yk-161



yk-151



yk-11
京町家がお好きだというお施主様。



yk-12
京町家の象徴でもある格子にはこだわり抜かれました。



yk-1
収納を開けると・・・
yk-2
色違いでカラフルに。