社長ブログ

「天下一品」

2179ae352c22460bdd373b7bc194f3f8

いつもお世話になりまして誠にありがとうございます。

 

先日の休みに妻と、こってりラーメンでお馴染みの「天下一品」総本店に行ってきました。

以前は、無性に食べたくなり「天下一品」には月に1回は行っていたのですが、「こってり」が、年々体にきつくなってきて、ここ数年は年に1,2回になっています。

 

 この日は、朝食を抜き、そして自転車か徒歩で行くか悩んだのですが、食後のカロリー消費と胃腸の活動を考え、徒歩を選択。

準備万端?で総本店限定メニューの「豚重定食」の、こってりスープでトッピングに煮卵、そしてチャーシューと餃子の単品は妻とシェアしました。

 

(注)写真の餃子は5つですが、1人前は6個。撮影前に妻がフライングでテーブルに運ばれた瞬間、1個を食べてしまい、5個になっております。

 

こってりラーメンにチャーシューと、豚ロースに食欲を増進させるタレに絡ませた限定の豚重、そして外せない餃子。もちろん、こってりスープは飲み干し、この日は夫婦で摂取カロリーを無視して、久し振りに「天下一品」の「こってり」を堪能しました。

「よもぎ餅」

ad3aeccecb5d9b98155f3e11ced69dc9-e1648776207657

いつもお世話になりまして誠にありがとうございます。

 

  先日の休みに妻と、この季節の好物「よもぎ餅」を食べてきました。

  春の訪れを感じさせる蓬(よもぎ)の香りが漂う中、昼食後の別腹で、美味しく頂きました。

 

  蓬は古来、その香りが邪気を祓い、病を退散させると信じられていたようです。

27ca0861ca285d0ed89dc7b8a40cd1d0

「春の陽射し」

ec63ee9638e498465119c216f5b6c9c1-e1646106580636

いつも大変お世話になりまして誠にありがとうございます。

 

先日、新型コロナワクチンの3回目接種を、「京都市勧業館 みやこめっせ」で受けてきました。

 

その帰りに、向かいのロームシアター京都(京都会館:1960年 故 前川國男氏設計)で妻とランチで満腹。

食べ過ぎの反省?のため、気温は低く大変寒かったですが、周辺を少し散歩しました。

 

岡﨑疎水沿いから平安神宮までの短い距離でしたが、春に向かっている「陽射し」を肌で感じながら、夫婦で心地よい一時を過ごすことが出来ました。

「夫婦寺社仏閣巡り」

6d64e9fe85505e361725a255fa72304d-e1643676810356

いつもお世話になりまして誠にありがとうございます。

  

先日の休みに、『北野天満宮』と『妙心寺塔頭(たっちゅう)東林院』に夫婦で行ってきました。

  

『北野天満宮』には昨年末、息子と3人で参拝しましたので約1か月振りです。

この日は、約150年振りに「幻の庭」が形を変えて復活し、その記念式典が行われていました。

江戸前期の歌人 松永貞徳が手がけたとされ、「雪月花の三庭苑」の1つで、「花の庭」と呼ばれていましたが、明治時代に消滅していましたが、梅苑を改修し、当時の庭石を使うなどして、150年振りに再興されました。

 


43cb32b06d6702b268c2a28469b565f4

※「雪月花の三庭苑」

「雪の庭」妙満寺(左京区)・「月の庭」清水寺(東山区)・「花の庭」北野天満宮(上京区)

 

咲き始めた梅の花を堪能し、『妙心寺塔頭 東林院』に向かいました。


3ab2b647eb21dbd0da77e6203b0a42fe-e1643676976141

『東林院』は妻が以前「精進料理の教室」に行ったことが有り、また樹齢300年の沙羅双樹(さらそうじゅ)の銘木で知られ、以前より夫婦で行こうと話をしていました。

今回は新春を祝う「小豆粥の会」に伺って参りました。

「梅湯」と「祝菓子」を頂き、奥の建物に移動しました。

小豆粥等のお膳が運ばれ、「さば(生飯・施食)の儀式:〔さば器〕に七粒くらいの米粒を取り分け、庭の木々などに供え、小鳥や小動物に施すとこと」を行い、「食事五観文」を読みながら、黙食ですべての料理を美味しくいただきました。

 

「案内」で頂いたものに「みなさまも、この「さばの儀式」に参加し、『施す』という心をとりもどしてみませんか……。」とあり、『施す』について、夫婦で考える貴重な一時でした。

4bc10b4d971e745461340605683188e3
4d4601938c00e7a58444f90439cb6363

6月には「沙羅の花を愛でる会」で十数本の沙羅双樹からなる「沙羅の林」で蒼苔に落花の風情が特別公開されるようです。

『施すという心』を持って、夫婦で参加出来ればいいのですが⁉


「令和三年 年末のご挨拶」

22811984_s

いつもお世話になりまして誠にありがとうございます。

 

年の瀬が迫り、2021年も残りわずかとなってまいりました。

本年も格別のご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。

 

今年も「新型コロナウイルス」や、その影響を1つの起因とする「ウッドショック」等、様々な出来事がございましたが、おかげさまでスタッフ一同健康で仕事をさせていただけましたことに、改めて感謝する1年でもありました。

 

変異ウイルス「オミクロン株」についても日々報道されており、油断は出来ませんが、一歩一歩終息に向かっていると感じており、一日も早く健やかに過ごせる日々が戻ることを願っております。

 

皆様には、幸多い新年を迎えられますようお祈りいたします。

 

明くる年も変わらぬご愛顧をいただけますよう、何卒お願い申し上げます。


「雪化粧」

703585c362d02ad92ae1ac614812a987
いつもお世話になりまして誠にありがとうございます。

 今朝は「雪化粧」を眺めながらの出勤でした。 
「初雪」だと思っていましたが、今年の京都市の「初雪」は12月1日夜に京都市北部の山間部で観測されたようです。

 写真は出社時に通っている「東山ドライブウェイ」の「雪化粧」です。