ブログ

年末のご挨拶

2017年12月27日|カテゴリー「スタッフブログ

いつもお世話になりまして誠にありがとうございます。

株式会社 棲み家の廣田です。

 

年の瀬も押し迫ってまいりました。

皆さまにおかれましては、本年も弊社に対しまして格別のご厚情を賜り、

有難く厚く御礼申し上げます。

 

新年も本年同様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  

皆さまには、幸多い新年を迎えられますよう心からお祈り申し上げます。           

647136290e7c17d272e9c524130365ee

今年もお世話になりました

2017年12月26日|カテゴリー「スタッフブログ

皆様こんにちは。

株式会社棲み家 設計増田です。

 

今年も残すところあと数日、

私の方と致しましても今年一年の振り返りをしながらブログを書いております。

 

今年も寒い時期から暑くなりまた寒くなって、

その間に色々とございました。

 

個人的に大きかった事は数年ぶりにライブをしたこと。

非常に個人的でしたね。

 

本年も誠にお世話になりました。

 

勝手ながら年末は28日からお休みを頂きます。

新年は5日から営業いたします。

また来年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

それでは皆様、よいお年を。

49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b78

日本クリスマスの起源のひとつ京都より、メリークリスマス!!

2017年12月25日|カテゴリー「スタッフブログ
christmas-3002578_1920

皆様こんにちは、

株式会社棲み家 設計の方の増田です。

 

さて、突然ですが皆様メリークリスマス!!です。

そしていきなりですが、諸説ございます。

 

突然と言いますか、町はもうハロウィンが終わった次の日くらいからクリスマスモード一色な訳ですが。。

おそらく明日から年末年始に向かって一気に和風の設えが町を彩るのでしょうけれど。。

 

 

ちなみに私はメリークリスマスと申し上げたかっただけなので、実は内容としてはもう完了しているのですが、

 

そうもいかないのでクリスマスについて少し調べてみました。

 

毎年クリスマスとハロウィンについて。時期とともに調べているので

結構詳しくなって参りました。笑

 

さて、クリスマスの起源は?

と言われると大体の方はイエスキリストの聖誕祭であるとお答えできるのではないかと思います。

復活祭と認識しておられる方もいらっしゃるかも知れませんが、そちらの話はまた別の機会に。。

holy-2598301_1920

しかし、イエスキリストの、いわゆる誕生日は1225日というわけではないようです。

 

では1225日とは何か、ですが、

もともとは古代ローマ帝国時代の、太陽を祭るお祭り「ミトラ祭」が日付の根拠となっているようです。

 

当時当所での冬至が、1225日に当たるそうですね。

この日から太陽が段々と長くなっていくため、「太陽神が再び生まれる日」として大切な日だったようです。

 

少々不適切な言い方になりますが、聖誕祭が1225日なのは、その名残な訳ですね。

 

 

日本ではどうでしょうか。

日本にクリスマスが伝わったのは、皆様ご存じのフラシスコザビエルが宣教をはじめた

戦国時代あたりになります。

 




ルイスフロイスの残した文献によると、織田信長が京の実権を握っていた松永久秀とクリスマス休戦を実施したとあるそうです。

 

その当時で既に日本にはクリスマスの文化が知られていたのですね。

 

 

 

聖誕祭はと言いますと、

1552年に山口県で行われた降誕を祝うミサや、

1560年に京都にキリシタンが100人ほど集まって盛大に行われたお祭りが

文献上判明している一番はじめのクリスマスパーティー、のようです。

もちろん現在のように煌びやかな物ではなく、もっと宗教的な神聖さがあったのでしょうけれど。。
cross-699617_1920

というわけで題名に戻りますが、

日本のクリスマスの起源のひとつ京都、と言ってみたわけでございます。

目立ちたかったからそう書いてみたとかでは一切ありません。

 

実際に現在のクリスマスパーティーの原型を作ったのは幕府時代(禁教令のさなか)に

長崎に出入りしていたオランダの商船が、「オランダ正月」という言葉で行っていた

パーティーが日本のクリスマスの原型を作っているのではないかと、言われてもいるようです。

 

その後明治時代にかかってようやく、日本としてのクリスマスを

日本として取り組むようになり、現在に至る。ということのようです。

PAK87_MChitogomi20141220142326_TP_V

よくあることですが、

「え!他の国じゃやってないの?!」みたいなこともたくさんあって、

調べてみると面白いです。

 

前提として、宗教的な観点からクリスマスを過ごされる国、人々も沢山おられるので、

そういった方から見ると、今の日本の「イベント感」は違和感があるそうですね。

「クリスマスはお店休み」が圧倒的に多数ですから、スタンスの違いですね。

 

 

いらない話を長々としてしまいました。

クリスマス終わりから大体ぐっと冷え込むことも多いので、

お酒もほどほどに、今日は暖かくしてお休みくださいね。

 

 

それではあらためて、メリークリスマス!

background-2997386_1920

パースセミナー

2017年12月15日|カテゴリー「スタッフブログ
こんにちは、コーディネーターの方の増田です。


先日、パナソニック京都ショールームで行われた
「パースセミナー」に参加させていただきました。


パースというのは、ご存知の方も多いかもしれませんが、
物や空間を立体的に描いて、室内がどんなプランになっているのか
想像しやすくするための絵です。



今回の先生は岩本 透先生という方で、独学で学んだにも関わらず、
現在はパースで収入を得ていらっしゃる凄腕の先生でした。


IMG_0914

生徒30名ほどでしたが、丁寧に個別で
教えてくださるシーンも・・・


授業はとても楽しく、パースに留まらず
営業豆知識もふんだんで、あっという間の
3時間でした(^O^)


お客様にパースをご覧いただけば、提案させていただいた空間が伝わりやすく、
喜んでいただけることも多いです。

が、やはり工務店である以上、パースばかりに時間をかけていられない、
というのも現実でして・・・

いかに早く・分かり易くパースを描くか、というところも学んできました。


描き方の実務内容は「初級」でしたので、よい復習になりました。
「なんとなく」で描いていたこともあり、早く的確に描くポイントを教わった感じです。

IMG_0951
まだまだ未熟な仕上がりですが・・・練習あるのみです(#^.^#)

図面を見ても、分からないところはたくさんあると思います。
でも、毎日見ていると、つい私たちもそれが普通になってしまいがちです。
常に、お客様目線で分かり易い方法を考えながら進んでいきたいと思う棲み家です(^O^)





・・・・・・京都・大津市の無添加・自然素材の注文住宅は株式会社棲み家で・・・・・・






配線確認という打合せ

2017年12月9日|カテゴリー「スタッフブログ

皆様こんにちは。設計の方の増田です。

 

先日、北野白梅町近くの現場で配線打合せをさせて頂きました。

 

配線打合せとは・・・・。

 

弊社では着工までのタイミングで、

図面を見ながらスイッチ、コンセント、電気の位置などを細かく決めていきます。

 

その内容を元に、現場の方で配線を行ったり、

照明の計画を組んだり、場合によっては壁や建具の位置を調整したりします。

 

ですが、初めて見る配線図でお施主様に全ての空間や位置をご理解頂くのはなかなか困難!

 

ということで、配線工事を始めさせて頂く前に現地にて

「ここがスイッチで、ここがコンセントです。」

「シーリングファン(天井の扇風機みたいなやつです)の位置は吹き抜けの真ん中くらいのこの位置でいいですか」

「実際にはもう少しコンセントの位置は高い方が使いやすいかも知れませんね」

などとお話しさせて頂きながら位置などをご説明いたしております。

49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b76

このときに「やっぱりこっちの方が!」となれば儲かったようなものですし、「これで完璧だ」となればその後の購入家具などの検討内容が減りますし、大変大切な行程だなと感じております。

20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae5

041c8e89b678b46731ac2144bc87c2e74

お忙しいところお時間を頂戴することになりますので恐縮ではあるのですが、よければぜひ、棲み家でご建築を頂くとがあればご参加頂ければと存じます。

3d286c066077720590e492e614c9bbcc6

すっかり寒くなって、拙宅の紅葉もしっかりと散ってしまいました。


悲しいのは寒すぎて育てていた南米生まれのチランジア(この話はまた別でがっつりしたいと思ってます)の元気がないこと・・・。

588f5dc5c85286438783f2302a488dbe2

皆様、お身体にはお気を付け頂ければと存じます。

 

それではまた、宜しくお願いいたします。

 

 

株式会社 棲み家  増田 卓斗




㈱棲み家のお住まいづくりの流れはコチラをクリック♪




・・・・・・京都・大津市の無添加・自然素材の注文住宅は株式会社棲み家で・・・・・・




無垢材の焼け

2017年12月8日|カテゴリー「スタッフブログ
こんにちは、コーディネーターの方の増田です。

先日、機会があってグループ会社の解体前の展示場へお邪魔してきました。

建物自体は15年ほど経っていて、リフォームをしながら利用されていたようですが、

ふと、床を見ると・・・
IMG_0888
置いてあった家具がどかされ、

焼ける前の床が出てきていました。


この焼け色・・・!!!

パインの無垢フローリングですが、

リフォームして6年ほど経っている

そうです。



IMG_0889
写真の奥の方は光が当たって

 光沢が出ているのが分かります。

 いかがでしょうか?

 白木の状態も綺麗ですが、

焼けた方は深みがあって 経年の

重みを感じませんか??!



この焼けが良いと思う方と、嫌と思う方、それは人それぞれだと思っていますが、

時間が経つということを楽しみにできるのも、無垢材の良いところだなぁと

思いました





・・・・・・京都・大津市の無添加・自然素材の注文住宅は株式会社棲み家で・・・・・・