ブログ

自宅リフォーム計画☆

2016年6月23日|カテゴリー「スタッフブログ

こんにちは、展示場アドバイザーの河本です


私ごとですが、自邸のリフォームを休みを使って進めています

リフォームと言っても、職人さんには頼らず自分たちの手でやっています


先日は、壁にしっくいを塗りました

IMG_5211


養生は思っているより大変

でも、これをしっかりしておかないと、あとがもっと大変です

いまどきはホームセンターで養生材も手軽に買えます

テープ、何巻つかったかな・・・?

IMG_7350

壁紙はがしは結構楽しい

カッターを入れて、思ったより簡単にはがれました

積もりに積もった油でギトギト・・・

もとは真っ白だったと思われるクロスがアイボリーだったの?と

思うくらい、全て黄ばんでいました。

容赦なく剥がしますっ

IMG_5212

まずはこの和室にしっくいを塗ります

一番、広範囲のお部屋。もとは聚楽(じゅらく)です。

陽はあまり入らず。暗い部屋です。

IMG_5264

みんなで手分けしながらしたものの、

午前中では終わらず

ここからみんな本気モードに切り替わりました(笑)


でも、何とか頑張り・・・


じゃじゃ~ん

IMG_5268

壁が真っ白に

ずいぶん明るくなりました


この後、食事部屋・洗面所・キッチンの壁・・・

と、大人4人がかりで塗り上げました


いや~~~

自分でやるってほんまに大変

次の日うでと手のひら筋肉痛


左官職人さんってほんとうにすごいなぁ~~~

綺麗・早い・正確


いや、プロなんだから当たり前って思われるかもですけど、

自分でやると、その凄さの程が分かります


しかし、みんなで「あーだ、こーだ」言いながらやるのは楽しいですね


みなさんも、ぜひご自身で・・・っていいたいとこですが、

楽しいだけでなく、後片付けやゴミ処理も大変・・・


(いちいち想像以上です。)


しっくい塗りたくなったら、ぜひステージホームにご相談ください

まずは営業マンが駆け付けます



最後に・・・

自然素材を使ったお住まいや、健康住宅を建てたい方もお待ちしています

カビ対策

2016年6月16日|カテゴリー「スタッフブログ
梅雨入りいたしました。

設計室の増田の住まいでは湿度80%を記録したそうです。

高温多湿は大変身体にこたえます・・・暑がりの中川です。


 

さて、枕詞はたまたまだったのですが、湿度が高くなるとカビなどの心配が出てきます。

そんな中、カビやお手入れ対策に関して少しお話ししたいなぁ・・・と思うのが「水」の話です。

 

みなさん、「軟水」と「硬水」という言葉はご存知でしょうか?

 

水の名所、伏見出身の中川ではありますが、水をちゃんと語れるほどたいしたものではありません。

が、少しだけお役立てればと思います。

 

さて、「軟水」「硬水」・・・言葉は知っていてもそれはなんぞ?ということになるのが当たり前だと思います。で、以下
wa21

早い話、こういうことです。

 

軟水と硬水、なんとなく味の違いを分かる人もいるそうです。軟水の方がまろやか、と良く言われます。

ちなみに京都市内の上水道は高度40mg/Lくらい・・・まろやかでおいしい、部類ですね。

 

さて本題。
 

ミネラルウォーター・・・飲み水として語られる「軟水」「硬水」ですが、生活用水として考えたとき、実はちょっとした・・・いや割と・・・大きな違いがあります。
洗濯や汚れ落とし、カビ・・・です。



わかりやすく言うと、お風呂やお風呂の鏡・・・白っぽいアカみたいなものがこびりついてしまいますよね。


アレ・・・固まるとなかなか取れないし、カビも生えてくる・・・アレです。


アレ・・・なにかご存知でしょうか?
 

そう、あれはミネラル・・・水の中に含まれるミネラルなわけなのです。

ミネラルがこびりついてそれらを栄養源にカビが生えたりするわけです。
 

そして・・・・結論から書くと「軟水」と「硬水」では「軟水」の方が洗濯などにはむいています。

硬度が高いと「石鹸カス」の原因になるのです。

だから洗濯石鹸のほとんどに「水軟化剤(アルミノけい酸塩)」が添加されているわけです。

泡切れが良くなり、汚れも落としてくれるわけなんですね。
ということは、

洗濯や食器洗い、給湯にいたるまで硬度の高い水を使用していると汚れたり痛みやすくなる、ということにもつながります。

加えて前述の洗濯石鹸・・・水軟化剤は、肌が弱い人には刺激になるかも。


ってなことで、「軟水」を飲用ではなく、生活用水として使えるようになると、実はお住まいのお手入れや衣料などにおおいに役立つ、ということになります。

(ステージホームが大事にしている「衣・食・住」の「衣」と「住」に関わってくるんですね。)


長くなりましたが、そんな「生活の知恵」みたいなものもステージホームではお話しさせていただいています。

上記のようなオハナシ・・・「じゃ、どうしたらいいんだよっ??」


はい、興味がございましたらいつでもお気軽にお尋ねください。ホントにそういうオハナシから住まいづくりのお手伝いをしていきたい、と思っています。


自然素材を使ったお住まいや、健康住宅を建てたい方はぜひ、ステージホームへ!!


追伸
column_50

硬度の高い水を飲むと体内に「石が溜まる」というのは迷信です。

水が含んでいるミネラルなどしれています。水を飲んで石が溜まるなら牛乳を毎日飲んでいる人はどうなるのでしょうか?(笑)

中川でした。

五徳のお掃除

2016年6月10日|カテゴリー「スタッフブログ

こんにちは、展示場アドバイザーの河本です

以前、弊社営業の中川もブログにあげさせて頂いておりました、

重曹で五徳がきれいになる!!

→  聞いたことはあるけどホント??


ということで、私もやってみました(笑)


(ちょうど汚い五徳があったからなのですが

IMG_7212
IMG_7213


五徳とバーナリング。

どちらも表面がざらついているのが分かりますでしょうか??


これは、長年使用したことによる「焦げ」と「油のベタベタです


これらを、重曹と水を適量入れた鍋で煮るわけです。

IMG_7211

写真ではわかりませんが、

実は沸騰して1分もしないうちに、油がはがれてきていました


だいたい5~10分ほど煮てみたのですが、


結果はコチラ・・・

IMG_7217
IMG_7218


水分がついていて光っていますが、ザラザラが取れているのが分かるかと思います

比べると・・・

IMG_7219
煮る前。
IMG_7220

煮た後。


かなり綺麗になっていることが分かります


めっちゃ簡単

力要らず


ただ、油はこのようにするっと取れたのですが、

頑固な焦げ付きは取れませんでした


煮る量が少なかったのか、重曹が少なかったのか、

そもそも「焦げ」は取れないのか・・・


また調べてみたいと思います


最後に。

自然素材を使ったお住まいや、健康住宅を建てたい方
ぜひ、ステージホームへ♪