漆喰に「藁(わら)」を入れてみよう!

大変お世話になります。

無添加住宅・ステージホームの中川です。


暑い日が続くようになりました。

真夏が近づいています。

ビールのおいしい季節です。

昨年はビアガーデンに行けていないことに気が付きました。

久しぶりにビアガーデンで暑さを楽しみたいと思います。


さて、本日はおなじみの無添加住宅オリジナル漆喰で遊んでみました。

いや、実際には遊びではなくて、お客様へのご提案用のサンプルを作ってみたのですが。


無添加住宅のオリジナル漆喰には化学接着剤が含まれておりません。

昔ながらの、海藻糊(角叉、銀杏草、布海苔)を炊いて混ぜています。

その為、ためしに塗って乾いた漆喰をバーナーなどで燃やしてみると・・・・

なんと漆喰は燃えないし(火が出ない)、煙も出ない。


そして海藻糊がバーナーで焼かれたせいで・・・海の幸・・・海鮮料理のような美味しそうな匂いがします。


そんなわけで、ステージホームでは「おいしい空気」と説明しているのですが

オリジナル漆喰で仕上げた部屋は、いわゆる新築建材の匂いがしません。

そもそも身体に悪いものが含まれていないので、

わざわざ機械で換気する必要もなく、気持ちよく過ごせます。


あ、すいません。熱くなり脱線しました。。。。


さて、そんな漆喰を気に入っていただいているお客様に

「漆喰に藁(わら)を混ぜて質感を変えて楽しみませんか?」と提案することがございます。


もともとの漆喰は真っ白です。


それはそれは素敵な「白」なのですが、土や砂、ベンガラを混ぜて

「色」をつけることもできるんです!


そんな応用で「藁(わら)」を混ぜるのです。

IMG_2777

シキワラマン!・・・すいません、弊社設計の増田です。
昨晩寝るのが遅かったのか、ひどい顔・・・失礼・・・ひどい表情・・・をしております。
顔出しを拒否しました。
 
こちらはホームセンターで買ってきた、いわゆる「藁(わら)」
 
手に取るとこんな感じ
IMG_27741

「藁(わら)」です(笑)


少し大きいのでハサミで切って細かくします。

ハサミが1本しか無かったので、中川は手でむしって細かくしました。

IMG_2771
IMG_27721


後は単純です。
練った漆喰に「藁(わら)」を混ぜて塗るだけ。
IMG_2775

IMG_2776


塗っている時にはわからないのですが、

ベンガラなどを混ぜて出す色合いと違い「わら」のアクが浮き出てきて

、いい感じで色にムラが出るんです。


そして「藁(わら)」の質感が漆喰に趣きをプラスしてくれます。


和室1部屋だけ「わら漆喰」で仕上げようかな

ってな感じで楽しんでいただけます。


土壁とは違うのですが、なにか土壁を連想させるような仕上がりなります。


塗って丸1日経った「わら漆喰」。

まだ半乾きですが

IMG_27831

なんとなくアクが浮いてきて、茶色っぽい・・・というか色ムラが出てきてるのがわかるでしょうか?
乾くのが大変楽しみですね。
 
 
現場でお客様ご自身で一握りの「わら」を漆喰に放り込んでもらう!!
っていうことだけでも、すごく楽しいですよね。
 
なんか「家づくり!住まいづくり!」っていう感じがします。
もちろん記念にもなります。
 
ステージホームではこれからドンドンと積極的にお客様に住まいづくりに参加いただけるような仕組みを考えていきたいなぁと思っています。
 
今後とも、ステージホームの無添加住宅をよろしくお願いいたします。
 
中川でした。