無垢材の焼け

こんにちは、コーディネーターの方の増田です。

先日、機会があってグループ会社の解体前の展示場へお邪魔してきました。

建物自体は15年ほど経っていて、リフォームをしながら利用されていたようですが、

ふと、床を見ると・・・
IMG_0888
置いてあった家具がどかされ、

焼ける前の床が出てきていました。


この焼け色・・・!!!

パインの無垢フローリングですが、

リフォームして6年ほど経っている

そうです。



IMG_0889
写真の奥の方は光が当たって

 光沢が出ているのが分かります。

 いかがでしょうか?

 白木の状態も綺麗ですが、

焼けた方は深みがあって 経年の

重みを感じませんか??!



この焼けが良いと思う方と、嫌と思う方、それは人それぞれだと思っていますが、

時間が経つということを楽しみにできるのも、無垢材の良いところだなぁと

思いました





・・・・・・京都・大津市の無添加・自然素材の注文住宅は株式会社棲み家で・・・・・・