炭化コルク実験!!!

こんにちは、ステージホームの中川です。

目からウロコ!

断熱材の実験です。

少し前ですが構造見学会の合間に端材を使って少しお遊び気分で やってみました(^^)


炭化コルクという断熱材にをかけました。 吸放湿の実験です。

12009825_949071005150564_5043765723970626089_n

吸放湿…


正確な話をすると、気体と液体で分子の大きさが違うので

この実験はあくまでもお遊び…結露したら(液体になったら)…という仮定。


で、結論、 (お客様の案内等で正確な時間は測れなかったんですが、)

11987079_949070988483899_1700616151464785919_n

乾いています!乾いています!


これ、めっちゃ重要なんです。


グラスウールみたいな断熱材に水をかけたりしたら大変なことになります。

ビチャビチャになって乾くこともないし、もはや断熱材でもなくなる。


✱ステージホームでロックウールをご採用いただいているお客様へ。

そんなことにならないようにちゃんと工夫をしております。ご安心ください。


「硬質ウレタンフォーム(ボード)の断熱材なら吸湿しないから大丈夫でしょ?」

違います。

結露する部分が変わるだけで解決にはなりません。


「炭化コルクはなぜ乾くのか??」

この物理に答えられない人に家を建ててもらったらダメです!


ってくらいすごく重要な話です。


断熱材の種類によって、壁体内の結露する部分、結露の仕組が変わります。

断熱材への影響も変わります。

対策も変わります。

「断熱材の無結露保証」「通気工法だから」とかそんな次元の話ではありません。

結露は物理現象です。

そして使う建材や手法によって結露が顕在化するポイントも変わります。

炭化コルクを採用してください、とは言いません。


ちゃんとした知識と技術を持っている工務店に

声をかけていただきたいなぁ、


と強く思います。


熱くなりました。。 偉そうに申し訳ありません。。

炭化コルクにご興味のある方は、ぜひ随時開催しています弊社の

構造見学会や展示場へお気軽にお越しください。


京都・滋賀で無添加住宅を建てるなら、ぜひステージホームへ。

中川でした。