天午近くなり・・・

皆様こんにちわ、設計室の増田です。
 
 
台風が京都を去ってから、めっきり暑くなりましたね。
 
今日も快晴。
 
こんな暑い日でも快適に過ごして頂けるように
ステージホームでは温熱環境について、ちょっとしたこだわりをもってご提案させて頂いております。
 
 
突然ですが、皆様断熱に関しては正しい知識をお持ちでしょうか。
断熱に関して、ちょっと間違った見解をたまに見かけます。
 
「高気密高断熱の家で冬暖かく夏涼しい!」
 
こんなキャッチフレーズを見たことがありませんか?
 
こちら、もちろん間違った表現ではありません。
断熱性の低い空間は夏場だと冷やしてもすぐに暑くなりますし、冬場暖めてもすぐに寒くなってしまいます。
 
 
ただし、高断熱にすれば夏も冬も快適に過ごせる!
という訳ではありません。
 
こと、夏に関しては断熱性をあげればあげるほど暑くなります。
 
理屈は簡単です。
魔法瓶のように熱を外に逃がさないからです。
 
冬場はこの「熱を外に逃がさない」性質が「快適性」に大きく貢献をしてくれます。
電気、キッチン、お風呂や私たち自身など、生活をしていると家の中の様々なところから熱を発します。
 
また、窓から入ってくる太陽の光も家の中を非常に暖かくするのに役立っていますね。
 
もちろん暖房器具もそうです。

そしてその熱を家の中にため込む、これが断熱材の役目です。

だから冬は断熱の性能がいいと暖かい、という事になるのです。
 
 
しかし、断熱材も窓も、365日全く同じ仕事をしてくれています。
 
もちろん今日のような暑い夏も、です。
 
 
南側に設置した掃き出し窓(巾160cm、高さ2M程度の窓)から家の中に取り込む熱量は、
 
窓の条件にもよりますがピーク時で0.6kw程度になることもあります。

0.6kw?  こたつ一つ分です。

つまり南側に掃き出し窓を二つ取れば、こたつ二つ分で暖まりながら

冷房を掛けて涼む、 なんてことになってしまいます。

しかも断熱材がこたつの掛け布団の役割をして熱を外に逃がさないので、温度は上昇するばかり。

なんとなく分かって頂けるのではないでしょうか。

高断熱性能のおうちが暑いのは、冬場のコタツが

暖かいのとおなじくらい当たり前の事なのです。

つまり、これを冷房で冷やそうというのは
弱火に掛けたやかんに氷を入れて冷やそうとするようなものです。
 
いや、それは少し言い過ぎかも知れませんが。
 
ものすごい量の氷がいりますよね。
 
その氷の量が夏場に使っているエネルギーの量、つまり光熱費です。
 
高断熱の特徴をしっかり理解しないと、ものすごい光熱費を使うわけです。
 
 
じゃあ断熱性能は低くないといけないのか!
 
 
というともちろんそうではありません。
高断熱のおうちで、夏でも家の中を省エネルギーで快適に保つ方法があります。


キーワードは 「遮熱」 「体感」


この遮熱、実は住宅性能だけでは完全には得られません。
 
家の形や太陽の位置、素材や建材の持つ熱容量、それらを正しく理解して設計することが大切なのです。
 
そんな事いっても!というときもあります。
そんなときは最終兵器として「葦簀システム」もあります。
 
勝手に命名しました。
 
新しいものではありません。
古人の知恵です。
 
詳しく書くとあまりにも長くなるので(既に結構長いですが)詳しく聞きたいときはぜひ、展示場にお越し下さい!
 
 
最後に「炎威敵すべからず」