防災準備をしっかりと!

この度の地震で被害に遭われた皆様へ心よりお見舞い申し上げます。


こんにちは、コーディネーターの方の増田です。
先日の大阪を震源地とした地震では皆さまご無事でしたでしょうか。


関西での大型地震としては「阪神大震災」依頼で、揺れた瞬間、
当時の恐怖が脳裏に過ぎった方も多かったのではと思います。


棲み家の本社も山科区にあり、6階建てビルの上層では棚に入っていたものが
ずいぶんと落下してしまったようでした。


私個人としては住まいは右京区の方ですので、落下物もほとんどなく影響はあまり無いようでした。
でも、築40年の古家に住んでおりますので、地震が起こった時は家が全壊していたら・・・
と不安になりました。


今回はほとんど被害がなかったという方も、今後の地震の規模や揺れる頻度で
お住まいがどうなるかは正直誰にも分かりません。
設計士であれば、その家の特徴から、倒れる確率が高い柱や方向など算段を付けられるかもしれませんが、
絶対にそうなると断言できるものではありません。


災害が起こった時に最小限の被害に収めるために何が出来るか・・・
一番は防災グッズを整える。
当たり前なのですが、たぶん日頃しないといけない意識がありながらも用意できていないという方も
多いと思います。これを機に、ぜひ皆さま、ご自身とご家族のために準備をお願いいたします。
最近ではセットも売っていて、手に入れるのは難しくありません。


また、タンスや背の高い家具が倒れないようにすること、
戸棚に耐震ラッチを付けること、
眠る際にはスリッパや携帯電話を身近に置いておくこと、
なるべく2階建てなら2階で寝ること、
少し予算が要りますが、耐震補強も一つの方法です。



どれもこうすれば絶対大丈夫という方法ではないですが、
少しでも被害を少なくするための方法ではあります。
きちんと考えていきたいものです。


・・・と偉そうに言っておきながら、何を隠そう自邸は傾いており、結構危ない状況です;

だからと言って簡単には建替えられないので、そんな時こそ準備が大事!
と思っているわけであります(^_^;)


IMG_9537
↑↑ 築40年の自邸(と掃除を手伝う娘)です。見た目には分かりませんが、かなり傾いてます・・・
  おそらくシロアリにもやられており、補強するにもかなり大変になりそうです。

こんな風に、ご自身のお住まいがどんな状態か知る、ということも大切ですね。