気密性能について①

皆様こんにちは。

 棲み家設計の方の増田です。


今回から数回にわけて、私のうんちくを載せて行きたいと思いますが、長くなりますので、

3回ほどに分けて投稿していきたいと思います。


まずは「気密」に関して。


皆様は「C値」という言葉を耳にしたことはおありでしょうか。

 

別の呼び方で「相当隙間面積」とも呼ばれております。

 

要するに建物に空いている隙間の合計した大きさのことです。

 

C値は「0.5」「1.9」「5.0」といったように数字で表され、単位は[c㎡/]となります。

 

建物全体の隙間を建物の大きさで割って数値を出しますので、

値は小さい方が「隙間の少ない家」ということになります。

 

ちなみにですが、以前は「C5.0あれば十分な性能」と位置づけられた時代もありますが、

これは現代ではちょっと時代遅れな数値です。

 

現在の指針値は地域によって違いますが、北海道など寒冷地と呼ばれる地域で2.0

その他の地域では5.0を基準としています。


もちろんこれは最低限の基準値になりますので、「弊社はC5.0を確保しています!」

なんて事を謳っておられる工務店は存在しないでしょう。

 

大体がもっと小さな数値か、測定をしておられないかのどちらかです。

49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b713

一般的に耳にされる「高気密住宅」というもので、2.0R-2000と呼ばれるカナダの住宅性能基準では1.0

指針値となっております。

温熱先進国ドイツの「パッシブハウス」の基準値はなんと0.2です。


弊社最高値は0.25、最低基準値は2.0以下です。

 


さてこのC値ですが、よくこんな事を耳にします。

 

簡潔に

 

「わかりにくい!」

 

ですよね。

それはそうですよね。

 

C1.0です!よかったですね!」

 

と言われても、

 

「あぁ、そうなんですね。よかったんですね。」

 

としか返答できないですよね。

 

だって床面積1㎡に対して隙間の平面積が1c㎡です。

 

とか、

 

建物全体を通して全部の隙間がはがき半枚分の平面積です。

 

なんて言われても、重要な「快適性」に全く結びつかない!

ピンともこない!

 

私もこの仕事をし出した頃は「C値は2.0で高気密住宅!」くらいにしか捉えていませんでした。

 

ですが!

 

それでは気密の大切さも気密工事の大変さも、一切お伝えすることが出来ません!

 

という事で勉強したのであります。


次回は「気密性能が良いと、何がいいのか」という内容でUPいたしますので、お楽しみに♪







・・・・・・京都・大津市の無添加・自然素材の注文住宅は株式会社棲み家で・・・・・・